BOX ART
原題Schlafmütze
デザイナー(Uncredited)
プレイ人数3~7人
プレイ時間15分
発売年2005年
BGGレーティング6.17
BGG PageBoardgame Geek
このゲームは「ボードゲームサークル まんまる」主催のボードゲーム会で遊んでいただくことが可能です。


そっとおやすみ

子ども向けのゲーム?

そっとおやすみのカードHABA印。といえば、子ども向け。でも、このゲーム、やってみると、無邪気なゲームじゃないの。
カードは、こんな感じ。無邪気な絵のカードが8種類。7種類は、それぞれ色違いで形が一緒のカードがあって、一番右の、ピエロっぽいのは、ジョーカー。なんのカードのかわりにもなる。
さて、このゲームは、シャッフルしたカードをみんなに5枚ずつ配るところからはじまる。親から順番に、すきなカードを1枚ずつ、となりに渡す。カードを渡された人は、また次のひとに、すきなカードをとなりの人に渡す。これを、ただただ繰り返すんだ。
えっ、これのなにが楽しいのだろう?なにをするのだろう?

そっと、おやすみ。このゲームのタイトルは、「そっとおやすみ」。同じカードを4枚揃えることができた人は、「そっとおやすみ」するの。そう、左の写真のように。カードを、伏せる。
誰かが、カードを伏せたら、みんなもすぐに、お休みタイム。パタパタパタっと、カードは倒れていく。
最後まで寝なかったのろまが、減点。カードを配り直して、次のゲーム。
しかし、4枚揃ったからといって、おやすみしはじめていいだけなの。そう、いつ誰が寝はじめているか。常に気を使わないといけない。だって、配ったときから、もうおやすみモードかもしれないよ?

プレイ中の持ち方だから、ゲームプレイ中は、いつでも寝ていいように、こんな持ちかたになるのさ。自分が寝はじめる必要なんてない。ジョーカーが回ってくることなんて、あたりまえ。どんなタイミングでねはじめるか。どんなタイミングでねてしまっているか。こんな子ども向けゲーム。えげつないなぁ。

子ども向け?ああ、たしかに、大きい子どもたちが、険しい顔して、無言でやってるねぇ。